News
最新情報ブログ


最新ニュースやスタッフ・講師によるブログ情報をチェック♪

2019年06月18日 07:00

紳士の嗜み【出張エリア編】出張可能エリアの歴史~

紳士の嗜み大宮~たしなみ~ 出張エリアの各歴史

大宮の歴史

大宮は武蔵国の一宮ともいわれる「氷川神社」の門前町として、また特に江戸時代以後、
中山道の宿場町として、発展した歴史をもつ街で古くからの交通の要衝でした。
現在のJR高崎線は、日本初の私鉄である「日本鉄道」の第1期線で、1883(明治16)年に開通しましたが、
当初「大宮」駅は設置されませんでした。衰退を懸念する地元の要望もあり、
現在のJR宇都宮線である第2期線が1885(明治18)年に開通するにあたり、その分岐駅として「大宮」駅が開設されます。
紳士の嗜み、大宮店近隣となりますので、出張料は頂いておりません、非常にオトクにお遊び頂けます。

浦和の歴史

岩槻の歴史を語る上で重要であるのが、この地が人形作りの街である点です。
日本の伝統工芸として、人形は代表的な作品の一つです。
紳士の嗜み、大宮店の出張可能エリア内、出張料は¥2,000-のみ別途頂戴しております。

春日部の歴史

ナント言っても、クレヨンしんちゃんの町そこにはナント人口約23万人の市
中核都市な春日部はベッドタウンとして現在は大型マンション等も立ち並び駅周辺の再開発も進んでおり
より多くの世帯増加が見込まれておるそうです。
周辺大型施設としてはララガーデン春日部(三井ショッピングパーク運営)ユナイテッド・シネマ春日部、
イオンモール春日部、イトーヨーカドー春日部店、匠大塚春日部本店などなど、休日も満足に過ごせる場所が
多い事も住みやすさにつながっているのかもしれません。
紳士の嗜み、大宮店の出張可能エリア内、出張料は¥3,000-のみ別途頂戴しております。

川越の歴史

川越の歴史は古く江戸期から始まる新河岸川舟運や、明治28年(1895)開業の川越鉄道(現在の西武鉄道)、
大正3年(1914)開業の東上鉄道(現在の東武鉄道)などの流通網の拡大は、さらに川越の発展を促しました。
そして、大正11年(1922)、県内初の市制が施行され、人口31,000人の川越市が誕生しました。
その後、昭和14年(1939)に田面沢村を編入、昭和30年(1955)に隣接する
芳野村・古谷村・南古谷村・高階村・福原村・山田村・名細村・霞ケ関村・大東村を合併し、現在の市域となりました。

最新情報TOPに戻る